Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

ミュシャ展

IMG_8972.jpg
国立新美術館のミュシャ展を見てきた。
ネットでバーコードのチケットを購入していたのでチケット窓口は素通りできたが、入場は30分待ちだった。
会場は写真のように大変な人出でした。
今までミュシャのことを19世紀から20世紀初頭にかけての流行画家というかイラストレーターのはしりのような認識しかなかった。
大間違いでした。
会場に入るといきなりスラブ叙事詩作品No.1の大画面が現れ、圧倒された。
スラブ叙事詩は、超大作ばかり20作品の連作で、チェコ以外で公開されたのは初めてだという。
スラブというと、チェコ、スロバキア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ロシア、ポーランドなどの地域だろう。
古来から、ゲルマン人やローマ・カトリック、オスマン・トルコなどとの対立があったらしい。
苦難の時代、豊かな時代、英雄だけでなく兵士や農民、少年・少女、ありとあらゆる人々が確かなデッサン力で20もの作品に描かれていた。
先にミュシャ展を見た友人がスラブ叙事詩は圧巻だったと言っていたけど、本当にそれ以外の言葉は見つからない。

ミラノで本物の「最後の晩餐」を見たときや、ルーブルで「聖アンナと聖母子」を見たときダ・ヴィンチの天才を感じた。
うまく言葉にはできないが、画家のたゆまぬ追求というか。
単に美しく描くことを目指したものではなく、もっと次元の違う何かを追求している感じがした。
今回は、ミュシャの悲しみ、故郷や同胞への深い思いなどの感情がずんっと迫ってきた。
つい最近まで、いや今でも続いているのかもしれないが、スラブ圏は2度の世界大戦で翻弄され、ソヴィエトの支配を強く受け、冷戦の終結で新たな混乱を迎え、この100年余りの間だけでも平和な時代は少なかったのではないだろうか。
願わくば、これからの未来は、スラブの人々が、そしてそれ以外の人々も、虐げられることなく自由で平和に暮らせる時代であってほしい。
  • 2017.05.20 Saturday
  • 22:35

-

シューベルト再発見

ナタリー・シュトゥッツマンのリサイタルに行ってきた。
会場に向かう電車の中で予習を兼ねてヘルマン・プライのシューベルト歌曲集を聴いていた。
するとなんとも優しく美しい曲があった。
題名を確認してみると「An den Mond」なのだけど、知っている曲とは違う。
ググッてみたら同じ題名の曲があるんですね。
D193とD259。
知っていたのはD193で、今日気づいたのがD259でした。
この曲が、やわらかく温かいプライの声にぴったりで心がほぐされる感じでした。
更にシューベルトの歌曲をググッてみたら、今度はバーブラ・ストライザンドが「水の上で歌う」を歌っているのを見つけた。
これがまた素敵で素敵で。
ポピュラー音楽の歌い方なのでクラシック歌手とはまったく違うけど、繊細で素晴らしい。
CD探したけど、Amazonの中古しか見つからなかった。
どうしようかな。欲しいなあ。
そして会場に着いてリサイタルが始まりました。
いわゆるシューベルティアーデです。
でも、普通と違うのは伴奏がピアノと弦楽四重奏で、歌手がところどころ指揮しながら歌うのです。
最初の「シルヴィア」が始まったときは、少しバランスが悪くチェロばかり聞こえるように思いましたが、徐々によくなり、ガニュメートなんかはやや早いテンポで天に昇る感じが素晴らしかった。
そして、何よりシュトゥッツマンの声!
まったくキズがなく滑らかで温かく低いところが美しいのは当然としても高音も割れず揺らがず、本当に素晴らしかった。
最後の「ミューズの子」がまた素晴らしくノリノリになってしまった。
気持ちが晴れやかになり、なんだか今まで荒んでいた魂が浄化された気がしました。
CD買ってサインもらっちゃった。
そのCDは、冬の旅、水車小屋の娘、白鳥の歌の三大歌曲集の全曲録音。
いずれも男声で歌うものだと思い込んでいたけど、帰宅して聞いてみるとコントラルトのシュトゥッツマンの声なら違和感なく受け入れられました。
シューベルトは、ボストリッジやヴンダーリヒでよく聴いているけど、歌う人が違うとまた違う魅力があるものです。
それにまだまだよく知らない曲もある。
iTunesにプレイリストを作って、あらためていろいろ聴いてみよう。
  • 2017.05.11 Thursday
  • 23:12

-

時間がほしいなぁ

7連休だったGWが終わります。
前半は実家で過ごし、後半は自宅に母が来たり、京都や大阪に出かけたり。
長い休みだったはずなのに、やりたかったことが十分にはできなかった。
例えば、ランニングとかスポーツジムの体験入会とか、映画ももっと見たかったし、展覧会ももっと行きたかったし行けると思っていた。
更に、ベランダに植物を植えたり、犬ともっと遊んだり、クリーニング第2弾を持って行ったり、料理をしたり、撮り溜めしてあるテレビ番組を見たり、積ん読状態の本を読んだり、同窓会の係の仕事をしたり。。。
全然時間が足りない。
明日からは、またほとんど余暇のない生活になる。
早く歳をとってご隠居さんになりたいなぁ。
  • 2017.05.07 Sunday
  • 22:37

-

やってしまった

ほろ酔いで、俳優祭を見ながら、楽天市場をさまよっているうちに、オールドウインナーローズのカップとプレートを買ってしまった。。。
ええねんけど、衝動買いやわぁ。
  • 2017.04.30 Sunday
  • 23:56

-

物欲

昨年末あたりから仕事で多忙。
3月からこっち、週に4日は帰宅が23時付近という生活。
そんな生活のストレスのせいか物欲がムクムクと湧いてきて困っています。
何がほしいかというと、クロコダイルのハンドバッグとかブランド食器、それにカルティエの腕時計。
クロコダイルのハンドバッグは、安くても20万以上はします。
また、ブランド食器と一口に言っても、ピンからキリまであり、今ほしいのは一客5万円前後のアウガルテンのカップ&ソーサーとか、ヘレンドのティッシュケース12万円也とか。
普段なら2000円くらいのイッタラでワクワクしているというのに。
更に、2002年にシャルル・ドゴール空港で買いそうになったものの余りの高価さに引き下がったカルティエのパンテール・ミニ。
今となっては廃盤なので、中古になってしまうのですが、それでも50万以上はする。

こんなに高価なものばかり欲しくなるのは、きっと心が病んでいるからに違いない。
ちょっと休んで冷静になろう。
でないと、本当にボーナスを注ぎ込んで爆買いしてしまいそう・・・
  • 2017.04.28 Friday
  • 00:10

-

ホロウ・クラウン

先週からBBCの歴史ドラマ「ホロウ・クラウン」の劇場公開が始まった。
「リチャード2世」「ヘンリー4世 Part1」を見てきた。
どちらも途中でうとうとしてしまった。
どうも最近は映画を見ると、途中で眠くなってしまうんだなぁ。
疲れのせいか年のせいか・・・。

ホロウ・クラウンは、Huluや衛生劇場で見ているので、ストーリーは知っています。
でも、劇場の大きなスクリーンで見れるのはいいよね。
ただ、少し画面が暗すぎる気がしました。

ヘンリー4世に出てくるフォルスタッフ、大酒飲みの太ったおじさん。
もひとつ存在意義がわからない。
魔笛におけるパパゲーノのような人間の弱さやずるさや卑怯さを寄せ集め象徴しているのかな。
シェイクスピアさん、教えてよ。

来週は、ヘンリー4世Part2です。
このドラマを知ったのは、ジェレミー・アイアンズの出演作を探していたのがきっかけです。
見れば、ジェレミー・アイアンズだけでなく英国の名優が世代を超えてたくさんご出演ではありませんか。
そして、このドラマで遅ればせながらトム・ヒドルストンを知りました。
なんとまぁ、リアル王子!生きる少女まんがヒーローのようなお姿。
ベネディクト・カンバーバッチとともに私のアイドルとなりました。
他の出演作も見なくては!
  • 2017.04.16 Sunday
  • 02:56

-

特急にて

座席指定の特急にて、窓際に座っていた男性の隣に3人グループの人が乗ってきた。
男性は、狭いからと捨て台詞を吐いて座席を移った。
しばらくして車掌さんがまわってきた。
指定席以外のところに座っている男性に声をかけたらしい。
すると、その男性が激しく怒り始めた。
車内は空いているのに隣の席を売るなとか、起こすなとか。
車掌さんが気の毒でした。

どうしたら隣に人が来ないようにできるのか怒鳴っているのを聞いた私の感想は、座席指定券を二枚買えばええんちゃう?
です。
  • 2017.04.11 Tuesday
  • 23:08

-

山頂雷雨

お風呂で気分よく中学の頃に歌っていた合唱曲を唸っておりました。
その中に「紅蓮の炎の車を駆る〜♪」という歌詞の曲があったのですが、タイトルがわからない。
コンクールでも定期演奏会でも歌わず、数回の練習のみでボツになった曲だったのです。
でも、文語調の歌詞がカッコよくて忘れたことはありませんでした。
で、ふと思い立ってググッてみると、出るわ出るわ。
タイトルは「山頂雷雨」でした。
一度ちゃんと歌ってみたいなぁ。
せめて、どこかの合唱団が歌っている完成形を聞きたいなぁ。
  • 2017.04.10 Monday
  • 23:43

-

どうやら売れたようだ

値下げされて少し気落ちした旧居ですが、どうやら売れたようです。
取り扱い業者のサイトを探すと、お探しの物件のお取り扱いは終了しましたというメッセージが表示されます。
買った当時の価格に比べると4分の1余りの価格になってしまったけど、売れてよかった。
本当に売れたかどうか見に行こうかな?
いや、それは趣味悪いからやめておこ。
  • 2017.04.05 Wednesday
  • 01:23

-

エロイカより愛をこめて

青池保子さん作の「エロイカより愛をこめて」を久しぶりに読み返した。
初回の雑誌掲載からおよそ40年が経過しているが、今読んでも面白い。
カッコいい俳優さんで映画化してほしいものだと妄想を繰り広げていて思いついた。
伯爵はトム・ヒドルストン、少佐はベネディクト・カンバーバッチでどうだ!?
どちらもイギリス人だけど、年頃といい雰囲気といいぴったりだと思う。
「アラスカ最前線」「9月の7日間」だけでもいいから、映画化してほしいな。
  • 2017.03.30 Thursday
  • 08:08