Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

耳鼻咽喉科

8月に3時間あまり喋りっぱなしの仕事を2回やってから、喉の調子が悪かった。
愛用のペラックT錠やペラックスイート、ヴィックスドロップでしのいでいたが、寝不足になったり遠出をして疲れると痛みと微熱を繰り返していた。
先週末にもぶり返し、今回はやや熱が上がったせいで頭痛も伴い寝込んでしまった。
土日を休み続けて回復した月曜日、会社に行ったら昼頃には再び微熱。
そこで、ついに諦め、医者にかかることにした。
このような症状で、過去にもお医者さんにかかったことがあったけど、熱も腫れも軽いから適当にあしらわれた記憶があるので気は進まなかったのだけど。
自宅近くに19時過ぎまで受け付けている耳鼻咽喉科を見つけ、行ってみた。
問診票に記入し、しばらく待って診察室へ。
8月以来の症状を説明したところ、口を開けて喉の診察。
症状は軽いものの薬を出しましょうということに。
処方されたのは、抗生剤とトラネキサム酸とうがい薬。
帰宅して、夕食を済ませて早速トラネキサム酸と抗生剤を服用。
その夜はまだ調子が悪くて、眠りも浅かったけど、翌日の昼頃から回復を実感できた。
あぁ、よかった。
愛用のペラックT錠にもトラネキサム酸は含まれているけど、やはり病院処方とは違うし、なんといっても抗生剤。
やっと私に取り付いた細菌を駆逐してくれた模様。
今夜も服用したので、明日には更に楽になっているはず。
今週いっぱいは薬を飲んで、しっかり治して、その後は再び感染しないように気をつけよう。
  • 2017.10.03 Tuesday
  • 22:36

-

アンナ・カレーニナ

2012年の映画「アンナ・カレーニナ」。BSで放送されたのを録画しっぱなしで3カ月。
やっと見ました。
映画なんだけど、演出が舞台風で面白かった。
衣装や美術も美しく、私にはとても面白かった。
でも、原作のストーリーを知らないとついて行くのは少々難しいかもしれません。
アンナの年上の夫、カレーニン氏、誰かと思ったらジュード・ロウ。
20年前ならヴロンスキーのほうを演じていただろうな。
痩せ型のキーラ・ナイトレイは、アンナが少しずつ心を病んでいくシーンがぴったり。
しかし、あの髪型はなんなんだ?
黒髪の巻き毛にしても、もう少しなんとかなっただろうに。
アンナとヴロンスキーの破滅的な恋愛に対して、コンスタンチンとキティの恋は堅実で誠実で、うまく対比されている。

昔、ソフィー・マルソーもアンナ・カレーニナをやったけど、欧州の女優さんにとってはやってみたいキャラクターなのかなぁ。
脇でご出演の英国俳優のみなさんを見つけるのも楽しかった。
英国映画・俳優、大好き!
  • 2017.09.30 Saturday
  • 08:19

-

ソファー購入検討中

8月半ばにソファーが壊れ、だましだまし使い続けているけど、さすがにヤバそうになってきた。
それで新しいソファーを買おうと検討中。
昨年引っ越したときにリビングの家具をヨーロピアンな雰囲気に変えたので、ソファーもそれに似合うものにしたい。
しかし、ネットで調べてみるとヨーロピアンとかアンティークとかでヒットするのは、あまりにもデコラティブで暑苦しいものばかり。
エレガントで美しく、でも大げさではないというようなデザインのソファーはないものか。
日夜検討しているのですが、どれも決め手に欠ける。
やっぱり一度ショールームに行って実物を見てこよう。
  • 2017.09.22 Friday
  • 00:42

-

蔵王堂奉納舞踊公演

IMG_9518.jpg
海老蔵くんの金峯山寺蔵王堂奉納舞踊公演。
素踊りの延年の舞、橋弁慶。お能の吉野天人、そして男伊達花廓。
前半2つは、吉野山の義経伝説にちなんだものですね。
延年の舞はさることながら、橋弁慶がとてもよかった。
福太郎くんの凛々しい義経ぶり。
ぴったりでした。
吉野天人は、お能の舞です。(正しい表現なのかは不明)
衣装が美しく、謡も素晴らしい。
歌舞伎の松羽目物とは違うお能のうは、声が深いです。
鳴り物も三味線はなくて、笛と太鼓。
不勉強ゆえ、もひとつ意味が理解できないけど、お能はよいものです。
そして、男伊達花廓。
こちらは、化粧をした歌舞伎舞踊で、今春、豊中でも見たものです。
立ち回りの若い人たちの奮闘が大好きです。

吉野山は、台風一過で晴れ渡り、満天の星空に虫の声。
壮大な蔵王堂を背に、よいものを見ることができました。
  • 2017.09.18 Monday
  • 20:37

-

ブラックリスト

IMG_9407.JPG
80〜90年代、影のある2枚目俳優としてお気に入りだったジェームス・スペイダーさん。
数年前に有楽町あたりのヨドバシカメラ?に大きなポスターが貼ってあって、その老けっぷりに衝撃を受けたものです。
そのポスターはアメリカドラマ「ブラックリスト」のDVD発売のものでしたが、ショックのあまり長年手を出さずにいました。
しかし、仲のよい友人から見るべき!と勧められ、昨日からNetflixでシーズン1を見始めました。
するとまあ面白いじゃないですか!
すっかり夢中になり、全話をダウンロードし、3話まで見終わってしまいました。
ジェームスさんのおっさん化については、2話を見終えたら慣れたので、この先は純粋にストーリーを楽しめそう(^^)
  • 2017.09.03 Sunday
  • 12:55

-

三日月

とてもきれいな三日月がでている。
iPhoneで撮影しても、美しさは留められない。
満月でもないし、まだ早いけど、お月見です。
  • 2017.08.25 Friday
  • 19:15

-

ストレッチ

先週、遠方の友人が遊びに来たので、奈良の寺社をこれでもかというくらい観光して回った。
過去に痛い目にあっているので、今回はできるだけバスを利用したけど、それでも1日目は18.4km、2日目は10kmも歩いていた。
すると、腰だけでなく膝の上あたりまで痛くなってしまいました。
なかなか時間が取れず、痛いのを騙し騙し生活していましたが、昨日は出張で新幹線に乗ったので更に酷くなり、たまらなくなったので、寝る前に久しぶりにしっかりストレッチをしてみました。
私は、左の腰が硬いので、右側と同じくらいに曲げられるようになるまで頑張りました。
今朝起きたら、腰の硬さはほとんど元に戻っていたので、気休めかなぁと思いながら出勤しました。
一日中いそがしかったのですが、ふと気がつくと膝上の痛みがなくなっているではありませんか!
それに、腰痛もいつもよりははるかにマシ。
やっぱりストレッチやわぁ〜〜〜!
忙しくても、こればっかりはキチンと時間を確保して地道にやっていこう。
  • 2017.08.24 Thursday
  • 23:36

-

ソファーが壊れた

数年前、叔父が亡くなったとき、姉である母は多めにお香典を包んだ。
そのお返しのカタログギフトは高価な品物が並んでいたけど、欲しいものがない母は私にくれた。
それで頂いた2人掛けソファーが壊れてしまった。
少し前から右側のクッションが外側に偏り、座りづらいと思っていた。
今日、その右側に座り、ちょっと姿勢を変えたらバキッと音がして、座面が沈んだ。
ソファーの底を確認したら、バネが底板を突き破っていた。
このソファーに座った一番重い人は、うちの兄の72kgで、半年以上も前のこと。
なんで今頃壊れる?
新しいのを書いたいけど、最近は何かと物入りで高いものは買えない。
でも、好みに合わないものも買いたくない。
困ったなぁ。
  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:40

-

7月大歌舞伎

今日は、歌舞伎座で7月大歌舞伎を昼夜観劇。
とはいえ、ホテルでぐずぐずしていたせいで1幕目に間に合わない失態。
昼の部2幕目からの観劇です。
盲長屋は初めて見たと思う。
海老蔵の道玄。右之助さん改め斎入さんのお兼。
中車さんこと香川照之さん、鳶頭の松蔵役だったんだけど、すっかり歌舞伎役者におなりです。
襲名したてのころは、声をうまく使えていなかったと思うけど、今では十分だと思う。
映像の世界では名優と言ってもよい人は、舞台でも生きますね。
海老くんの道玄は、三階席から見ても目の動きが激しい。
いいのか悪いのかはよくわからない。
海老くんは鋭い感じなので、こういう小悪党はちょっと違うかなぁ。
続いて連獅子。
團十郎さんの親獅子、新之助の子獅子の連獅子を見たのは平成14年、2002年でした。
もう15年も経ちます。
今では海老くんが親獅子。子獅子は今回は巳之助くん。
三津五郎さんとの連獅子、見たかったなぁと思ってしまった。
筋書きの上演記録を見ると、團十郎さん新之助・海老蔵時代も含めて子獅子を演っていません。
海老くんとの連獅子は感慨深かったのかもしれません。
今日の舞踊を見ながら、ついつい感傷的になってしまいました。
今日の舞踊としては、やはり毛振りがスピーディで、若さを感じました。

さて、夜の部。
駄右衛門花御所異聞という復活狂言ながらほとんど創作歌舞伎という演目です。
海老くんは、日本駄右衛門・玉島幸兵衛・秋葉権現の三役。
中車さんの玉島逸当、児太郎くんのお才、巳之助くんの始之助、右團次さんの月本円秋。
お家騒動有り、道行有り、化け物有り、殺人有り、遊女も傾城も出て来て、歌舞伎の名場面を詰め込んだようなお芝居でした。
海老くんは元々は二役だったそうですが、獅童さんが病気療養の為、三役となったそうな。
まさに大奮闘公演でした。
秋葉権現のお使いとして登場する白狐は、觀玄くん。
ここでもお芝居の本筋とは関係のないことをいろいろ感じてしまった。
2年後あたり團十郎と新之助の襲名かなぁとか、さらに15年後には海老蔵襲名かなぁとか。
でも、觀玄くんが團十郎になるのは見たくないなぁ(海老くんには長生きして欲しいから)とか。。。
とりあえず近い将来の團十郎襲名の為の積立貯金を始めよう。
  • 2017.07.15 Saturday
  • 22:03

-

ここだけの話

IMG_9071.jpg
買ってしまった。お高いKIYOLAではなく、お手頃価格のKORGを・・・。
ついつい。
雨の休日は、Amazon日和やなぁ〜。
そんなわけで、大人のハノンという練習本も買って、両手を動かす練習に励みます。
近くにヤマハとカワイの教室があるから、習おうかなぁ。
楽譜はゆっくりなら読めるんだなぁ。
英語と同じかそれ以下。ドイツ語よりは上かなぁ。
なんにしても実用には耐えられないことは確かです。

ずっと前に76鍵の電子ピアノを持っていたとき、エリーゼのためにをたどたどしく弾けると頃まで自習した。
今回は、せめてそれ以上にはなろう。
久しぶりに弾くと、手が暖かくなった。
筋肉を使っているのですね。
  • 2017.06.26 Monday
  • 22:44