Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

本・漫画

あさきゆめみし

ふと思い立って大和和紀さんの「あさきゆめみし」を再読。
初めて読んだのは10代の頃だった。
王朝ロマンと美しい絵に夢中になり、友人達と回し読みしたものだった。
その後、源氏物語を円地文子訳や谷崎潤一郎訳や瀬戸内寂聴訳で読んだり、解説本なども読んだ。
そして、かなり大人になった今、あらためて読んでみると源氏という人は、天与の美貌と才能と身分に恵まれながらも、迷い悩む人間的な人であると同時に、周囲の女性達にとってはまことに罪な人だなぁと思った。
今の時代にも、こんな罪な人っているのかな?
  • 2015.10.12 Monday
  • 18:27

本・漫画

電子書籍

二、三年前から電子書籍を愛読している。
池上彰氏のインタビューで、子供時代は父上の蔵書を読んでいたという話を聞いて、電子書籍ではそうはいかないなと思った。
電子書籍、文字の大きさを変えられるし、小さなタブレットやスマートフォンに何冊もの情報を保存できるからとても便利だけど、家族で蔵書を共有することができなくなるのは欠点ですね。
  • 2015.02.15 Sunday
  • 22:22

本・漫画

no title

IMG_4889.jpg
本日は代休で、京都国際マンガミュージアムに来ています。中学生の頃から愛読している青池保子さんの原画展を見に(^^) お隣のカフェで「少佐の揚げたイモ」を頼んだら、こんなランチョンマットが出てきた!
図録やポストカードも入手して、結構な散財もしました。
でも、作者のコメント付き原画をじっくり見れたし、未読だった「ガラスの仮面」45〜48巻を読むこともできたし、とっても満足!
  • 2015.01.26 Monday
  • 14:58

本・漫画

アンデルセン童話

子供の頃に持っていた本にアンデルセン童話があった。
収録されていたのは「火打ち箱」「赤いくつ」「人魚姫」とあともう一つ。
この中の人魚姫の挿絵がとても美しくて物語もロマンチックで悲しくて大好きだった。
もう一度あの挿絵を見たいけど、出版社や正確なタイトルがわからないから探せない。
昭和47年前後に買ってもらったと思うのですが、どなたかご存知ないですかねぇ?
  • 2014.08.22 Friday
  • 22:41

本・漫画

上野先生

学生時代から上野千鶴子さんの読者です。
全部の本を読んでいるわけではありませんが、折に触れて読んでいます。
で、久しぶりに読んだのが「〈おんな〉の思想 私たちは、あなたを忘れない」でした。
上野先生が過去に読んで影響を受けた本について語った本です。
これが真面目に面白かったのと、電子書籍のクーポンが明日で使用期限切れになるので、電子書籍になっているものから
「身の下相談にお答えします」を選んだ。
それがまぁ、本当に身の下相談のオンパレード。
その中で、年配の女性が若い男性に貢いでいるのに報われないという相談に対する答えに目からウロコ。
相手の若い男性はペットなのだと。
ペットというのは、餌をくれるから飼い主に懐くのだ。
飼い主は、ペットを可愛がるために散財するのだ。
ペットの飼い主の条件は抑制と寛容、支配者の徳なのだそうだ。
いいなぁ、支配者の徳。
これこそ、私のあこがれ。
実は、もし宝くじとかで大金を入手できたら、私がなりたいのは、パトロン。
袱紗に札束を包んで、若い人に「芸を磨く足しになさい。」なぁ〜んて感じで気前よく振る舞いたいのです(*^o^*)
これを人に話すと変り者扱いされるのですが、上野先生にはわかってもらえそう(^^)
  • 2013.09.26 Thursday
  • 23:38