Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

わんこ

ペットロス-その2-

ミックが亡くなった当日は、悲しいとか辛いとか言葉も出てこないような感覚でした。
それでいて、涙だけはじわ〜と出てきていました。
私は声をあげて泣くような感じはありませんでした。
その夜は、なかなか寝つけず、うとうとしては目覚めて涙を流し、またうとうと。
目覚めては、blogやLINEやFacebookに寄せられたお悔やみの言葉に返信したり、blogを書いたり。
翌日は、ほとんどずっとミックのそばにいて、訪ねてくれるご近所の方と話をしては涙。
でも、飼い主父と高校野球を見ながら関係ない話をしたりもしました。
夜になって、ミックをペット葬に連れて行きました。
行きの車は飼い主が運転し、飼い主父が助手席、私は後部座席で、半分の後部シートはフラットにして棺を乗せていました。
3人でミックを連れて出かけるときは、後部座席で私が抱いていました。
それなのに、なんで箱に入ってるんやろうとぼんやり考えていました。
葬儀場に着いて、ミックの棺を安置し、般若心経が流れる中、お焼香をしました。
たくさんのお花で飾り、おやつやフードをたくさん入れたミックの棺のふたを閉めなければならないのに、名残惜しくて何度も何度も撫でました。
いつまでも続けられるわけではないので、きっぱりと思い切り、火葬炉に送り出しました。
そのときはもちろん涙が出たけど待ち時間はミックの可愛かったことや面白いところ、さまざまな事件の思い出話をして笑いあいました。
お骨になったミックを見たときは、あまりにも小さくて細い骨に驚きました。
ミックは高齢だったので、顔の部分は形が残りませんでした。
小さな骨を骨壷に集めながら、どの部分なのかを教えて頂きました。
お骨を納める為のカプセルがあるので、小さくて形がきれいな爪の骨をいくつか入れました。
この辺りはあまり涙はなく、むしろホッと落ち着いた気分でした。
ミックのお骨が入った骨壷を抱いて帰途に着きました。
このときも、どうしてミックがこんなに軽いんだろうと考えるともなく感じていました。
帰宅して、ミックのお骨を置く場所を作り、写真と一緒に安置しました。
飼い主が水とドッグフードをお供えしてくれました。
なんだか新たな涙が出てきました。

それにしても、飼い主はミックが亡くなった日から仕事が忙しくなり、まともに悲しむ時間もないのではないかと思います。
私よりも遥かに濃密にミックと暮らし、14年間のうち離れていたのは通算でも10日あるかなし。
日常的には離れて暮らしていた私でさえ、耐えがたい喪失感に襲われているというのに、彼女心痛はいかばかりか。
どうか心身を壊すことのないようにと祈ることしかできない。

私はというと、最近になって罪悪感に襲われることがある。
私がもっと早くに訪ねていたら、ミックは助かったかもしれないとか、せめて看取ることができたかもしれないとか。
理性では抑えがたい感情で、繰り返し繰り返し想起してしまう。
でも、悔やんでも何にもならないし、もし、その日だけ、または土日だけ延命できたとして、もし月曜日以降にミックが亡くなったとしたら、それはそれで大変だったことだろう。
飼い主は仕事を抜けられず、平日だと私も時間を作りにくい。
もちろん、もっともっと少しでも長生きしてほしかったけど、ミックは、ある意味、最善のタイミングで逝ったのだとも思う。
それに、桜満開の満月の日だった。
そんな日にあの世に旅立てるなんて、徳のある犬だったのかもしれない。
  • 2018.04.09 Monday
  • 20:34

-

スポンサーサイト

  • 2018.11.10 Saturday
  • 20:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment