Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

スポーツ

フィギュアスケート-その2-

フィギュアスケート男子シングルが終わった。
結果はプルシェンコの圧勝。ランビエールはSP3位から銀メダル、バトルはSP6位から銅メダルの逆転。
朝起きたら丁度バトルが滑り終えて、ライサチェクを抑えて3位とか言ってるときだった。3位はともかくライサチェクって??SPでガチガチだったライサチェク??とビックリ。しかし、残りがジュベールと高橋君だったので、そっちの確認は後回し。ジュベールは、ダイナミックに滑ってるんだけどイマイチ決まらず、6位。高橋君も4回転挑戦するも転倒、他にもミスがあって思うように点が伸びず結局8位。でも、二人ともよく頑張ったね〜!!
で、ライサチェクを再生。いやぁ〜SPからは別人かと思うほどの滑りでした。長身だから動きも見栄えがする。そして、SPでは80点の高得点で2位だったジョニー・ウィアーを確認すると、こちらは反対にイマイチ決め手というか迫力の乏しい守りに入ったような演技。なるほど、逆転の秘密はここにあったのね。と納得。
ネットをいろいろ見ていると最終グループが面白くなかったという意見もありますが、ソルトレイク以来、毎年のヨーロッパ選手権やGPシリーズも意識するようになりそれぞれの選手の紆余曲折や長所短所も以前に比べると知るようになった今では、表彰台に登れた選手もそうでない選手もよく頑張ったといいたい。特にSPが不振だったにも関わらずフリーで印象的な演技をしたライサチェクとヴァン・デル・ペレン。すばらしかったです。
前回のソルトレイクでは、表彰台のプルシェンコがちっとも嬉しそうじゃなかったけど、今回はプルシェンコ・ランビエール・バトルの三人がそれぞれに嬉しそうだったのが何より。プルシェンコ、ロシア国家が流れる中、掲揚されるロシア国旗を見て何を思っていたんだろう。
それはさておき、、、急にソルトレイクのヤグディンの演技が見たくなってDVDを引っ張りだしてきた。このDVDはVHSの3倍速録画をダビングしたものなので、画質が非常に悪いです。でも、ヤグディンの演技はそんなことをものともしない。SPの2分40秒のなんと短いこと。そして、音楽と体の動きはすばらしく調和している。トリノ出場選手に比べてジャンプのランディングスタイルのなんと美しいことか。この完璧だったSP『ウィンター』も現在の採点方式で計算するとポイントは低くなったりするのかなぁ。。。あ、長野のときのキャンデロロのダルタニヤンも見たくなってきた。あれも名作ですね。キャンデロロあってのヤグディンと思うのは私だけだろうか?男子フィギュアにストーリー性を持ち込んだのはキャンデロロだと思うのですが、どうなんだろ?
  • 2006.02.17 Friday
  • 14:43

-

スポンサーサイト

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 14:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
フィギュアスケート 男子シングル 結果 &#63903;金&#63903; 258.33 エフゲニー・プルシェンコ (ロシア)  &#63903;銀&#63903; 231.21 ステファン・ランビエール (スイス) &#63903;銅&#63903; 227.59 ジェフリー・バトル(カナ
  • mika;hana
  • 2006/02/17 3:41 PM
順位は、実力順当と言った感じでしたね。 大健闘は3位のジェフリー・バトル!!!一回気になるミスはあったものの、綺麗な演技でしたv残念なのは、前回健闘のジョニー・ウェア…、ホントに調子悪そうだったなぁ(悲)でもやっぱり、彼の演技が一番綺麗に見えるんです
  • 日々徒然
  • 2006/02/17 3:45 PM