Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

四季

昨日はものすごくいい天気でしたが休日出勤。
午前中に電車の中から大阪城公園を眺めると人・人・人!
みんなお花見なんやぁ〜。
で、せめて...と思い昼休みに事務所が入居しているビルの近くの桜を見に行きました。
会社の近くの桜
結構きれいで近所に住んでいるとおぼしき人々のグループがお花見していました。

帰りは、いつもの京橋駅ではなく大阪城公園駅から電車に乗ることに。
川沿いでは大勢のお花見のみなさんが。
大阪城公園のお花見風景
風が吹くと花びらが舞い散ってとてもきれいだった。

日本人にとっての桜って特別ですね。
一年のうちでほんの4〜5日しか咲かないんだもんね。
花が散るという言葉は、桜にこそふさわしい気がします。
  • 2005.04.10 Sunday
  • 21:12

音楽

小松亮太さん

小松亮太さんのベストアルバムを聞いております。
小松さんは日本では数少ないバンドネオン奏者。バンドネオンというのは、タンゴを演奏するときに使ってるアコーディオンみたいな楽器です。
タンゴに興味を持ったのは、アル・パチーノの映画「セント・オブ・ウーマン」のダンスシーンです。その後、同じ曲がシュワちゃんの「トゥルー・ライズ」でも使われており「なんていう曲やろ、これ?」と思いながら数年。すると今後はヨーヨー・マさんがピアソラへのオマージュとしてのリベル・タンゴとかを発表し始めたでしょ。アル・パチーノの曲のほうはひとまず置いておいてリベル・タンゴから聞き始めた。そうこうしているうちに世間ではネットショッピングの環境が整って欲しいCDが簡単に検索して買えるようになりました。そこで買ったのが「セント・オブ・ウーマン」のサントラ。懐かしの曲は「ポル・ウナ・カベーサ」というタイトルだということがわかって大満足。それが3年くらい前ですね。そのときに曲のタイトルで検索したときに引っかかったのが小松さん。でも、そのときはまだCDは買わなかったなぁ。で、つい最近、思い立ってBEST盤を買いました。タンゴのリズムと少し哀愁を帯びた音色がステキです。これから、ますますタンゴにハマる予感。。。
  • 2005.03.31 Thursday
  • 00:18

日常

いかんです…

風邪です。。。
喉が腫れた。。。
頭がぼよーんと重い。。。
寝ます。。。
  • 2005.03.28 Monday
  • 21:53

音楽

CKB、行くぜo(^o^)o!

5/27(金)、CKBのライブに行くぜ〜o(^o^)o!
友達誘いまくって、2人確保。
メチャメチャ楽しみでございます。

さて、先週金曜から体調がイマイチ。
今日はかなり回復したけど、原因不明の強烈な頭痛に見舞われた。
土曜日は朝からずーっとがんがんがんがんがんがん.......
愛用の胃に優しいタイレノールを飲むとしばらくはおさまるけど
切れるとダメ。。。頭痛、イヤだ(T-T)
  • 2005.03.28 Monday
  • 01:47

音楽

まだまだCKB

ヨコワケハンサムのクレイジー・ケン・バンドにまだまだ夢中。
5月に大阪でライブがあるらしいので、一緒に行く人を探さねば。
何故か共通の趣味を持つ友達が少なくてねぇ。
  • 2005.03.18 Friday
  • 23:43

日常

風邪かも…

今朝からなんとなく寒い。職場の空調は暑がりさんvs寒がりさんの戦いで、しょっちゅう設定が変わるけど今日の設定は問題なかったんよね。
でも、ハイネックのセーターを着てカーディガンを羽織っても背中の真ん中がじわ〜っと冷たい感じ。
やだな〜風邪引いたかも。前にもこの時期に熱を出して会社を1週間休んだことがあるし。
さっさと帰って寝よ(-.-)zzZ
  • 2005.03.15 Tuesday
  • 21:58

音楽

CKB

念願のクレイジー・ケン・バンドのCDをレンタルしてきた。
一昨年の夏にコンビニで「GT」を聞いて以来、気になっていたんです。
いやぁ、楽しいわぁ。
  • 2005.03.14 Monday
  • 01:12

音楽

ピンクレディ

知り合いから「ピンクレディ 振り付け完全マスター」vol.1,vol2のDVDを借りてきました。全部で10曲、ほとんどの曲は歌える(^o^)
でも、振り付けは覚えてたはずなのに体がついていかない…
ミーちゃんケーちゃんより若いのに_| ̄|○
2週間後に返す予定なので、しっかり踊りますゾo(^o^)o!
  • 2005.03.05 Saturday
  • 01:21

日常

放送大学

なんとなく放送大学にチャンネルを合わせたら英語の講義だったんですよ。
講師の男性の英語の発音や声がいい感じだったので、そのままにしておきました。
45分間の講義の終盤、語学番組でよくあるように英語の音楽の紹介があったんです。
曲は'80年代のアメリカン・ロックバンドJourneyの「Don't stop believin'」。
いやぁ〜なつかしぃ〜♪と思ってスティーブ・ペリーの声を思い出していたら、なんと、講師みずからがバンドのメンバーとしてドラムを叩きながら歌い始めた!!
もぉ〜めちゃビックリ\(@o@)/ しかも、ちと音が下がってる(^^ゞ
放送大学、思い切ったことをやるなぁ〜(O.O;)

あとで調べたら、この講師の先生は「斎藤兆史」さんといって東大の助教授であり英語教育等に関する著書もたくさん出していらっしゃる方でした。
  • 2005.03.03 Thursday
  • 23:49

音楽

Fritz Wunderlich

ときどき聞きたくなると言えば、ドイツの往年の名テノール:Fritz Wunderlichです。
甘く伸びやかな声で「詩人の恋」(シューマン)が特にお気に入り。
または「美しき水車小屋の娘」(シューベルト)も若さにあふれ、本当に純粋に水車小屋の娘に恋をした若者が歌っているような気がします。
これらの歌曲集は、ものすごく沢山の歌手によって録音されており、私もいろいろと聞きましたが、今のところWunderlichが一番!です。
Wunderlichは、1966年9月に不慮の事故で亡くなっており、私は往年の活動は知りません。
過去の人なのでライブで聞く楽しみがありません。
そこで、私にとってのポストWunderlichを探していますが、なかなか…。
最近では、ジョン・健・ヌッツォさんがかなり近い感じなんですが、まだ彼のドイツ歌曲は未聴なのでなんともいえません。
願わくばマーケットに乗せられず大成してもらいたい歌手です。

  • 2005.02.26 Saturday
  • 02:26